2006年08月31日

特別療法食

ネロは 赤ちゃんの頃から
慢性的に下痢の症状を抱えていました(現在も抱えています)

しつけ教室で相談したり ラブ飼いのセンパイに聞いてみたり
獣医師に聞いたりして 様々なフードを試しました
おやつは ジャーキーなんかより
にぼしや野菜などを与えるようにしていて
(にぼしは体にいいかなぁなんて勝手な解釈でね)
でも いっこうに治る気配がないの

かかりつけだった動物病院は 知人に紹介していただいたところで
腕がいいと評判だったし
駐車場には警備員を配置しているような人気の病院だったのです
が どうしても 情に溢れた(ひとあたりのいい)獣医師だとは 
思えませんでした どちらかというと機械的な印象

この下痢の症状に対する意見も 否定的で頭ごなしに
「おやつをあげなければ治る」ただその一言で済まされました
それでね その後 相談しづらい状況だったのです

先日 思い切って新しい動物病院を訪ねました
すると 「検便をしましょう 膵臓に問題があるかもしれません」って
わたしは即答「お願いします」って頭をさげたよ
ほらやっぱり って思った(早くこの病院に来ればよかったね)

結果は 消化を助けるために出るなんとか液?消化酵素?
が あまり分泌されていないとのこと
病名はしっかり聞かされなかったのだけれど
先程自分で調べてみると「膵外分泌不全」なのかな
重度のものではないみたいなんだけどね

それで 今日から 「特別療法食」を試してみることになったのです
お薬を使う方が安いそうだけれど…
まずは 食事だけで 改善されるかもしれないという淡い期待を ね?
最初からお薬に頼るなんて 嫌じゃない?
もしかしたらお薬に頼ることになるかもしれないけど
それでもやっぱりね

ネロは食べることが大好き
なんでも食べたい食欲旺盛な子
誰より美味しそうに食べる子
なのに そんな食事しか出来なくなった今
おやつ駄目 野菜駄目 ガムも駄目
フードとお水だけ
これからは 暫く ご褒美だって フードなんだよね
若しくは真っ白のご飯

可哀相で どうしようもない気持ちになった
勿論 フードだけ与えるようにするのは ネロの体のため
でもね 大好きなものを 食べられないなんてって
思っちゃって しょんぼり
ネロも あれ?俺の好きなおやつくれんの?ってがっかりするだろうな

次は一週間後 病院へ行く日
フードで ウンチの状態が改善されるか 経過を報告しに行くのです
はぁあ ネロ 
だから小さいのかな?
病院で体重をはかったら22.5sでした
それでも少しずつ成長してる 
いっぱいの栄養を体のなかに吸収できますように

1284014.jpg
これが そのフード 
ユーカヌバ・ベテリナリーダイエット 特別療法食 腸管アシスト
やっぱホント 高いですけどねっ…!!

ニックネーム sao at 00:46| Comment(6) | TrackBack(7) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする